2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シグナス 聖魔立ち回り編

シグナス 聖魔立ち回り編

1,前提
2,全フェーズ通して
3,第一フェーズ(団長)
4,第二・第四フェーズ(シグナス)
5,第三フェーズ(団長s)




1,前提
・聖魔の攻撃力はカスである
 攻撃特化ではないから主戦力ではない上に、攻撃<<超えられない壁<<補助 なのでむやみやたらに攻撃することはPTにとってデメリットしかない。補助職であると割り切るべき。

・死なないこと
 聖魔の死亡は戦線崩壊に直結する。MGの管理、インフィ、シェルを駆使して誰よりも死なないこと。また、聖魔だからこそ忘れがちだが、危険な時(薬x+MG減での竜巻拘束時)に他職のヒールに頼ることができる。他人からはMPバー残量はわからないため、このままだと死ぬ、とわかったら即座に発言をしヒールをしてもらう。主にエンセさんの株がうなぎのぼりになることがわかるだろう。




2,全フェーズを通して
・MGは解かない
 MGのON/OFFの切替はミスるとすぐ死ぬ。既述のように聖魔は死んでいればいるほど状況が悪化するため、慣れるまではMGは常にONで良いと思われる。
 ただし、その分MP管理に注力しなければならない。

・ヒール特化
 常にグループメンバーのHPバーを見る。少しでもHPが減れば即座にヒールしにいく。例外的に刃瑠/ノウ(戦士)のように最前線で戦っているメンバーはほぼ常にダメージを受けているが、その分耐久が高いため1/3食らう程度までは大丈夫だとりくは判断している。ただし過信してはいけないことは言うまでもないが。
 逆にケナ/ルハ/るるは要注意。特にケナ/るるは敵に近いため後方ヒールが届かない場合が多い。

・HSは必須ではない
 硬直時間の長いHSを危険を犯してまで使う必要はない。安定して打てる状況でなければAブレスだけにする。




3,第一フェーズ(団長)
・後方(目安は安心さんの後ろ)でヒール。
 オズはスキル封印してくるので、ヒール→ヒール→ディスペルのローテーション。
 既述の通り最前線にはヒールが届かないので、HPが減ったらテレポで前にでてヒールしすぐに戻る。
↓慣れてきたら
 団長単体は現火力だとすぐ終わるので、攻撃に参加する(バハ+Aレイ)。ただし安全が確約されていないのでベンジェンス~は使わない。
 イリーナ/イカルトは気絶スキルをもっているため、変わらず後方支援。

・補助スキルのタイミングを固定する
 Aブレス・HSは硬直時間もありタイミングよく打つ必要がある。またグループメンバーが固まっていなければならないので、団長撃破直後がおすすめである。
 その他には、安心さんが石で招集をかけたときにあわせてすると安定する。
 聖魔のその他にはマスターマジックにより持続時間の差があるので、その分をバフアイコンから考慮する。




4,第二・第四フェーズ(シグナス)
・後方(画面半分より右)で基本待機
 前に出れば、攻撃を食らう・ピグ化したときの死亡率が激増する・火の鳥に巻き込まれる と良いこと無し。
 ピグ時は発言の上更に後方へ。

・ヒールの前にアンデット確認
 焦るなというのが難しいけども、これを意識するだけで味方キルが驚くほど減る。
 味方のアンデットを確認したら、後ろに下がる(ヒールの射程内に入れない)
 自分がアンデットになったら、アンデットの発言をし、後ろに下がる
 どちらの場合も、最終回復手段としてシェルの用意をしておく。
 基本的にヒールが必要なのは火の鳥や竜巻拘束時のみなので、アンデット対策としてヒールを可能な限りしないよう心がける。

・MP管理はインフィニティで
 基本的にはPエリだけで足りるが、雑魚召喚時には接触等で一気にMPが持っていかれる。Pエリは緊急時にとっておきたいため、雑魚召喚時はインフィニティをしておくと安定する。マスターマジックによりインフィ持続時間>雑魚対処時間 である場合がほとんどであるため、死ぬことはまずない。
 また、雑魚召喚時は混戦となりグループメンバーが散るので、画面真ん中でジャンプしながらヒールを連打する。適宜グループメンバーのHPバーを見ながら、ヒールが届いていない人がでたらテレポで回復に向かう。

・シェルはMCに重ねる
 各種バインドはシグナス行動不可だが、MCは違う。この時間は可能な限り攻撃に専念してもらいたいため、MC予定時刻の1秒前にシェルを打っておくととてつもなく安定する。また、このシェル時に補助バフをかけるのも良い(全員固まっているため)

・攻撃はバインド/MC時のみ
 MCにシェルが重なると、バインド/MC中に味方が攻撃を受けることはほぼなくなる。数十秒安心なので、聖魔も微力ながら攻撃に参加する。ベンジェンス~の使用は適宜。MC以降は万が一に備えてかけないほうが無難。よってベンジェンスはるるバインド~刃瑠バインド途中まで。




5,第三フェーズ(団長s)
・前線にでない
 気絶でも食らえばほぼ100%死ぬ。絶対に前線にでない。安心さんの位置の少し後方でヒール+ディスペル(オズ生存時)連打。ヒール→ヒール→ディスペルのローテーション。
 たまに最前線にディスペルが届かない場合がある。その場合スキル封印にかかった人はジャンプしてくれるので、見つけたらすぐテレポして解除しにいく。
 ヒールも同じく、届いておらずHPバーが減っていたらテレポで回復しにいく。もちろんすぐに後方へ戻る。
 このフェーズが一番攻撃してはいけない。対複数ということもあり、バインド/MC中もヒールは欠かさない。




 だいたいこんな感じです。長くなってしまいましたが私もカンナがんばりますので一緒にがんばりませう。



▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://umipiku.blog27.fc2.com/tb.php/500-2f95b4e9

 | HOME | 

プロフィール


りく

Author:りく
人狼レポートをメインに。ぴくぴく


カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。